UNIVERSAL FRIENDSHIP

記事一覧(32)

(終) √yūto #09 無性愛 / Psychopath -後篇-

-放課後-「友人…ゴホン、陸咲君、まだ残っていたのですか?」主役の登場だ。『ええ。僭越ながら先生に進路相談に乗って頂きたいと思って。』さぁ、どー来るかな?「何を今更…もう進学は決まっているだろ? それに相談なら家に帰ってからでもいいだろうに…  だが、ココで二人きりってのも悪くない。」そう来ると思った。『ええ。ですが先生は進学先の先輩でもございますし、 ソレに先生は人気者だから中々聴けない事もあって。  本当に皆さんにはお優しいんですね、先生。 ボクが知ってる先生は夜になると吠える"狼青年"なので、 皆さんが羨ましいです。  ボクにも優しくして欲しいなぁ…。』カチッカチッと秒針の音が5回鳴った。「陸咲君、"はい"か"いいえ"で答えて欲しい。 優しい先生は、キラいかい…?」"『はい。』"彼は机と共にボクを押し倒した。『いいでしょう、夜の教室での"課外授業"は。 きっと先生にとっては堪らないシチュエーションですよね?』生徒に手を挙げる姿の先生もステキです。いつもお世話になってる御礼に、今日はとことんサービスさせてください。あ、もう忘れてると思いますが、顔や首はナシとのお約束も忘れて何卒ご遠慮なく。お気の済むまで好きなだけ遊んでください。幾らでも新しい制服は買えるので、汚してもビリビリに破いて頂いても構いません。どうぞ欲望のままに貪り尽してください。そして先生の名前"眞白"を血だらけにしてください。真っ暗な校舎、廊下の常時灯が照らす薄暗い教室で、ボクは祝福の紅白の体液で汚された。無論、汚れきっているボクはコレ以上汚された所で何も変わらない。そしてもうコイツの身には"潔白"などない。「先生からも陸咲君にプレゼントがあったんだ。 ご覧、綺麗に撮れてるだろ?  君と僕との想い出がいっぱいの写真たち。  さぁ先生はコレを何処へ持って行くべきか…  "友人"、答えろ!!」先生が悪趣味な事は知っていましたが、まさか盗撮の趣味まであったとは知りませんでした。せっかくですがこのお写真も、ボクにとってはもう必要ありません。『先生、プレゼントならもう頂いています。  先生…いや、  眞白さんから分けて頂きました。  先日病院で診察を受けたのですが、ボクは  "カラーレス"という珍しいRGBでして   その属性は何やら、  成長期が遅いのが特徴だとか。 身体の成長のためには本来輸血が必要だったのですが、 父があらゆる手段で同じ血液を捜してくれたものの、 生憎保有者が少ないので満足に補えませんでした。  先生も頻繁にご体調を崩されるので、  他人事とは思えず心配していたんです。 "粗探し"には苦い想い出があるので、 他人にはするまいと心に決めていたのですが 心配の余りに不労者の如くゴミ箱を漁ったんです。 そしたら先生が良く口に含んでいた薬の、 空のパッケージを見つけて驚いたの何のって。  "ニアリ・イコール"  アレって免疫抑制剤ですよね? 実はコレでもボク、医師を夢見ていた時期があったんです。 先生はボクに傷み"だけ"を分けて頂いたご様子でしたが、 不本意ではあるものの、同時に先生から  命に大事なモノまで頂いてしまいました。  ソレが以前お褒め頂いた、  立派に成長したボクの身体です。 ボクに不足していたRGBを余す事なく頂いちゃったみたいで、  先生には心から感謝しています。 でも指導者である先生が、  幾らご自身が哀しいからとはいえ "コード・シックス"を  無差別に移してしまうなんて…  まるで犯罪者…  いや、殺人鬼さながらの行為ですよね?  大丈夫です、ご心配には及びません。 公にすれば、その写真に映った哀れな姿で  ボク自身も笑い者です。  ですが流石に、  父には泣きつこうかなと…』時計の針が0時を指した瞬間、彼が口を開いた。「ふん…身体どころか随分口まで達者になったな… でも先生にとって愛する一番の生徒のキミに、 最後に指導しなければならない事がある。  友人、余り大人に逆らうと  ガキは殺されるって事をね!!」彼はズボンの後ろポケットに忍ばせていた刃物を取り出した。刃物を握る両手は、無様な程に震えていた。このヒトも本当に"可哀相なヒト"だ。『先生、もうゲームオーバーなんですよ。 ソレに殺されるのはボクじゃなく、  早乙女眞白さん、あなた自身です。 でも既に真っ黒なあなたにとっては喜ばしいでしょう。  ステキなお名前通り "真っ白"な存在になるのですから。』

√yūto #07 宿命 / Psychopath -前篇-

-数ヶ月後-迷子の迷子の仔猫ちゃん~あなたのお家は何処ですか~♪って誰も判る訳ねーだろ。そしてボクも今、迷子です(=・ェ・=;)ゞ眞白さんは眼鏡を外すと目が見えなくなる。そしてボクの心も見えなくなる。少なからずボクだって多感な年頃。あんな事やこんな事されてショックじゃない訳がない。でもほんのちょっとの時間をガマンすれば、眞白さんはまたいつも通りボクに優しくしてくれる。だがソレにも正直疲れてしまい、またこうしてホテルから学校への通学を始めた。何だかんだ言って、一番落ち着くのは学校の中だ。勉強以外に考える必要は何もない。そして適当にヒトをあしらえば、益々居心地もよくなるって事も知った。ソレにやっと気づいたのにあと1年で卒業なんて…(泣)"前の席"の、前野くん。バスケ部の副キャプテンで、爽やかなルックスからソレなりにモテている一方"歩くワイドショー"の肩書きを持つ、噂話が大好きな"オバタリアン系男子"。無論、ボクが財閥社長の息子という事もバレているがパパラッチにしては珍しく、(現在の段階では)その件を内密にしてくれており隔てない所か、容赦なくボクに絡んでくる唯一の友だちである。あ、言い忘れた。ついでにエロい。(¬_¬ #)前野:「陸咲、お前最近急に背ぇ伸びたなー?」友人:『ハハッそうかな? 取り敢えずもうチビではないケドね。』確かに眞白さんと暮らしている間に、随分身体が成長した。まるで止まった時計が動いたかの様だった。そしてまだ背骨が痛い。。。前野:「ウチのクラス、新任だってよ。お前知ってた?」友人:『え?知らない。新任って普通新入生の担当じゃないの?』ガララララ…ボクは目を疑った。そしてボクは、新たな運命の始まりを目の中りにする。「今日から3Aの担任を務める事になりました、  新任の…

√yūto #06 洗脳

翌朝、目覚めると眞白さんが出掛ける支度をしていた。「おはよう、今日は起きるの早いね。」屈託のない笑顔の眞白さんは、いつもの彼のままだった。少しぎこちないないのはボクだけである。だって…だって…そりゃ…ね。。。幾ら保健の授業で習っていたとはいえあんな所から何で白い、、、自粛。『えーっと…今日は何時頃、お帰りですか?』壁に向かってボクが尋ねると、彼は支度をやめ、ボクの背中を抱き締めた。「寂しがらない様に早く帰る… だから今日もイイコで僕を待っていてくれ…」そうボクの頭を撫でながら言い残すと、彼は慌ただしく出掛けて行った。何なんだこの感覚…。ココ最近、目まぐるしい勢いで起こるのはボクにとって"初めて"の事態の数々。そうだ、判らないなら図書館へ行こう。外に出るなとは言われてないし…アソコなら本も買わずに勉強も出来る、一石二鳥だ。-2時間後-フッ、到着。遠いよ…って違う、公園の丘を越えればすぐだった。ただボクは眞白さんと歩いた道しか知らない…うん、ホントにソレだけだ。あ~モジモジ、、先ずはトイレトイレ。。。手は爪の中までしっかり洗いましょう。そして身嗜みを整え……アレ?少し背ぇ伸びた??ヤッタ━━ヽ(☆∀☆)ノ━━!!!!…ってあんま変わった気しないケド;やっぱり眞白さんの言う通り、ボクは着実にオトナへの階段を上っている!!テンション上がった所で勉強勉強。医学書の辺りだなきっと。ドレだ?コレか? 何々"妊婦の体内ではxxx"…いや違う。んーと、"心臓のパイパスをxxx" 多分コレだ。ドキドキは動悸、バカ言えボクを舐めるな。ソレに伴う息切れ、違う。毛細血管が多い顔面には紅潮が、違う。くぁwせdrftgyふじこl、。。。違────う!!!! ハァ…ハァハァ…図書館じゃなくて病院…かな;『すみません、この本貸して頂きたいのですが。 あと、この近くに病院ってありますか?』-移動-海懐会総合病院…。あぁ、パパのお友達のお家ね…。ココはマズい、このまま帰ろ。ココら辺は住宅街かぁ。歩いてると色んな発見があるなぁ。あ!ネコ!! あ、待って!酷い…"シャー!!"だなんてあんまりだよ(泣)ってぇ!マズい…今日は眞白さん早く帰ってくるって言ってた。急がなきゃ;もし眞白さん帰った時ボクが居なかったら…「飼い犬に噛みつかれたか… この野郎…警察に突き出してやる。」じゃないない!!眞白さんはそんな事言わない第一そんなヒトじゃない、でも心配させたら申し訳ない。ダァ──ッッシュ!!ε≡≡ヘ(*≧□≦)ノ「友人?」ビクッ…噂をすれば。。。『お疲れ様です。あ、ちょっと図書館で本を… ほらボク、学校サボってるのでマズいと思って。ハハ;』呆れた様に微笑んだ眞白さんはボクと手を繋いだ。『ちょ、外ですよ…やめてください;』と言っても誰もが兄弟にしか見えないorz「帰ろう。今日はクリームシチューだ。」大好物です!めっちゃ大好きです!!大好き…好き……好き?…「今日は友人にも手伝ってもらおっかな。」すみません、、出来ません。。。(恥)夕焼け空の下、ボクら以外、誰一人も現れなかった帰り道はまるで世界がボクと眞白さんだけになったみたいで何かちょっと不思議な気分だった。『眞白さん、眼鏡もう大丈夫ですか?』「あぁすまん、いいよ。電気消してくれ。」眼鏡を取った眞白さんの顔って、みんな見た事あるのかな?視力悪いんだな…勉強のしすぎだよ;眼鏡を外したら、ボクの事も見れないのかな?だとしたら、なんかちょっと寂しいな…「寒くないか?」そんなに気を遣ってくれなくても充分すぎる位『とても、あったかいです…。』ヒトの温もりを知ると、離れられなくなる。だからボクも、彼から離れられない…

√yūto #02 人形

ボクは陸咲友人(くがさき・ゆうと)。陸咲財閥、陸咲玄之助の長男。しかし、父は居ない。帝都のこの屋敷に来てからは何度も逃げようとした。でも逃げられなかった。だって帰れる場所なんて他になかったんだから…。ボクの恐怖は朝食から始まる。使用人から厳しく躾けられたテーブルマナー、少しでも間違えたら怒られるのはボクではなく、ソレを教えてくれたヒトだ。そしてボクはそのヒトから恨まれる。ボクの過失は総てボクの教育をした者の責任。次々に入れ替わる中で、ボクは口々に彼らに脅された。"下品な捨て子"、"いつか殺してやる"、この"疫病神"めと。もう春だと言うのに外出時にはコートを着せられて「お寒くないですか?」と尋ねられる。ボクはいつもこう答える。『とっても寒いです。』外で園長先生やみんなと遊んでいた頃が懐かしい。この季節は園庭に咲く桜の花が凄く綺麗で、先生が突然「お花見だーっ!」て教室に入って来て桜の木の下で給食を食べたっけ。ボクの一日は朝から寝る前まで決められている。その多くは下校と共に始まる。ヒステリックな先生とのピアノのレッスン、意地悪な家庭教師との勉強、書道、茶道、三音文化のローテーション、英会話に独語のグローバリー、これらは時間制限あるだけまだマシ。一番苦手なのは、ママと灰混兄さん。ボクはママの着せ替え人形で、毎日子供じみた派手な服を着させられお陰でいつも学校では笑い者。独占欲の塊で、他の女性にボクを絶対に触れさせない。そして縫いぐるみの様にボクの身体を愛でる。そしてボクは兄さんの奴隷。両親からの寵愛を取ったボクを恨んでいる。兄さんの失態をボクにされるは当たり前。少しでも弱みを見つけに勝手にボクの部屋に入っては、机の引き出しやゴミ箱まで楽しそうに漁っている。園長先生たちとの想い出のアルバムも、黒のマジックペンで落書きされた。この前コッソリ買った漫画も、パパにバラされてボクはお仕置きをされた。泣きべそ掻いてるボクを見ながらいつもうれしそうに兄さんは笑うんだ。小学部の門の前で、みんなが遊びの約束を交わして楽しそうに帰っていく姿を見ながらボクはずっと毎日変わらない、そして変えられないローテーションの渦の中に居た。